【北大東島】北大東村民俗資料館が名称も新たにリニューアルオープン

沖縄本島周辺離島/ 北大東島(きただいとうじま)

北大東島に到着すると、まず最初に観光場所として訪れるのが「北大東村民俗資料館」です。これまで島民や観光客に愛されてきた資料館が、今年新たにリニューアルしました。 名称も「北大東村民俗資料館」から「うふあがり 人と自然のミュージアム」になってパワーアップし島の自然、文化、歴史について、1問1答形式のパネルで展示されていて、北大東島のことを多面的に理解しやすくなっています。島をめぐる前に訪れると、より一層島のことが好きになれるかも。

 

史跡、文化的景観についての展示物が見やすく、スペースも広々としているので、何時間でも見ていられる空間だ。

 

 

ドロマイトや燐鉱石、琉球石灰岩など、島内で採掘された石に直接、触れることも可能。

 

 

また、館内に置いている雑誌の中には、なんと1980年の雑誌「オキナワクラブ」があり北大東島が開拓80周年を迎える時の取材記事が何ページにもわたり特集されていた。

 

 

貴重な情報や、写真は隅から隅まで夢中になって読んでしまうほど。

 

 

当時では珍しい蓄音機やレコード盤などの現物も展示されており、初めて北大東島を訪れた人でもその生活が分かりやすく説明されている。

 

 

産業や観光な急成長し変化した島の歩みなど、北大東島の魅力が詰まったミュージアムをぜひ訪れてみて下さい。

 

基本情報

うふあがり 人と自然のミュージアム

住所沖縄県島尻郡北大東村字中野152-1
TEL09802-3-4352
営業時間入館受付 平日 午前9時~12時 13時~16時
休み土・日・祝祭日、年末年始(12月28日~1月3日)
備考入館料:500円(税込)
・電動アシスト自転車のレンタルや小物グッズなど記念品の販売も行っています。
・土日に入館を希望される方は、北大東島観光ナビサイトのお問合せフォームよりご連絡ください。

北大東島ナビ公式ページ

アクセス