【渡嘉敷島】雨でも家族みんなで楽しめる♪ 水中遊覧船「イエローサブマリン」でケラマブルーの世界へ

沖縄本島周辺離島/ 渡嘉敷島(とかしきじま)

こんにちは、しまたび渡嘉敷島担当のすなっちょです。
先日、ずっと気になっていたマリンアクティビティを体験してきました!

 

 

お昼12時に阿波連港(あはれんこう)の乗船場所へ。
待を裏切らないビジュアルの水中遊覧船「イエローサブマリン」号が出迎えてくれます。鮮やかなイエローが海の上でひときわ目を引きます。 半潜水型の船に乗り込み、快適な船の中から海の世界を堪能できるアクティビティです。 この日はあいにくの曇り空でしたが、気温は26℃ほどあり半袖で気持ちよい気候でした。

 

 

デッキから階段で降りた船内の様子。収納可能な椅子に一列3名まで座ることができます。 ※この日の参加者は全部で9名。
座席に余裕があり、一列につき1名という広々VIP待遇でした。 船内の右側と左側を行き来して、皆さんまんべんなく海の中を楽しんでいました。

 

 

窓際に設置された海の生き物の紹介パネル。海の生体について学びながら楽しめるのも見どころの一つです。
(事前に海の生物について勉強してから臨んだら、さらに楽しめたはず…!とプチ後悔)

 

 

「前方にウミガメを発見!」とざわつく船内。(※私がウミガメを見逃した瞬間でもあります)

 

 

ぶ厚いガラス越しの写真で鮮明にお伝えできないのが残念ですが、肉眼で見る海の中はまさしく ”映え” の世界。

 

 

船を操縦する船長と案内役のガイドさんの絶妙な連携プレイで、時間が許す限りおすすめの美しいスポットを周って楽しませてくれました。
水中遊覧船「イエローサブマリン」を体験してみた率直な感想をまとめました。

●良かった点
・当日はあいにくの雨で外の景色を楽しむことができなかったが、海の中は別格の美しさだった!
・1時間弱の体験プランなので、旅の予定に組み込みやすい
・小さなお子さんでも気軽に楽しむことができる(2歳ぐらいの女の子もファミリーで参加していました)
・泳ぎが得意でない人でも海の世界を楽しめる(水着に着替える手間が無いのも楽ちん)
・グラスボートより見渡せる範囲が圧倒的に広いので、海の中を冒険しているような感覚を味わえる

●気になった点
・個人差はありますが、船酔いしてしまう方が数名発生。気になる方は酔い止め薬のご準備を(船酔いした際はデッキに上がって風にあたりながら小休憩)
・ウミガメの出没タイミングを見逃してしまった(ラッキーな数名の方はウミガメを発見できていました)
・席がガイドさんから遠くてあまり質問できなかったが、気にせずもっと聞けば良かった(ガイドさんの近くに座るのがおすすめ)

船内が完全に海中に浸かるタイプ(?)の遊覧船は沖縄県内でも珍しいそうで、
普段なかなか生で見ることができない海の中に潜入できる希少なアクティビティ!
年齢を問わず雨天でも楽しめるので、渡嘉敷島を訪れたらぜひ体験してほしいおすすめプランです。

基本情報

I.M.S(アイランドマリンサービス)

住所沖縄県渡嘉敷村字阿波連87
TEL098-987-2010
営業時間
休み
備考集合場所から乗船場所までは、車での送迎があります。

 

アクセス

WRITER

しまたび渡嘉敷島担当
すなっちょ

父は宮古島出身、母は浜比嘉島出身の離島サラブレッド。「島っていいよ」を増やす為に日々奮闘中。