【石垣島】八重山そば!石垣牛バーガー!ローカルグルメ!美味しいものを食べて雨の島を楽しむ!

八重山諸島/ 石垣島(いしがきじま)

せっかくの沖縄旅行が雨だったら?
雨だけどグルメ、体験アクティビティでスケジュールがパンパンになってしまった、美味しくて、少し忙しい旅のご報告です!
人気観光地「石垣島」なのでファンも多いはず。

ということで、あえて詳細はご紹介せず「あ!あのお店の!」「ん?どこの?」と楽しんでください!

 

 

まずは八重山そば!
沖縄本島の沖縄そばと違うのは麺、肉だけではないと個人的には思うのです。少し味が強くて濃厚。
そして、ここのお店はホロホロのお肉がたっぷり!最後はジューシーにお肉を載せて豚丼になるほど!出汁を飲み干しちゃったというより、具を食べ進めていたら出汁まで空っぽ!気づけば完食!でした。お一人で切り盛りされているのですが、とても元気でチャーミング。このために時間を作ってでも再訪したいお店です。

 

 

こちらは見た目からまた違う八重山そば。
琥珀色の透き通った出汁ですが、ほんのり甘め。お肉が甘辛でなんとも懐かしい味がします。麺がつるつるしていたのが印象的です。配膳して下さった方が笑顔と共に「ゆっくりねー」と。穏やかな時間を作って下さり、本当に癒されました。

 

 

以前から気になっていた、八重山そばとおでんを出すお店に今回やっと入れました!
夜、カウンター席でオリオン瓶ビールを流し込みながらの「おでん盛り合わせ」。味しみ厚揚げ。ふるふるテビチ。大根、たまご、ソーセージなど王道のラインナップ!特にテビチが絶品で、出汁をよく吸ってふわふわのところを口に入れると、思わず目を閉じてしまいます。

後ろの座席では、お酒を楽しんだグループが〆の八重山そばを頼んでいました。それが美味しそうで美味しそうで。。。次回はここの八重山そばを食べたい!

 

 

雨の旅でしたが、一日だけ天気に恵まれ、船釣りにも挑戦しました!
沖縄の県魚「グルクン」をたくさん釣ったのですが、最後の最後にこの魚が!釣り好きなら分かるかも!?
そう、沖縄で三大高級魚のひとつと言われている「アカジンミーバイ」です。普段、白身魚の昆布締めなどが大好きなのですが、刺身の旨味がそれに少し似ていて、それよりもっと風味があって本当にすごい美味。
調理いただくお店までガイドの方が手配してくれたので、夜までしっかり遊べました。

参加したプランはこちら
【初心者参加大歓迎の釣りツアー|約3時間コース】石垣島の高級魚「アカジン」を狙え! 釣った魚は島人居酒屋で調理します!

 

 

 

石垣島で忘れちゃいけないのが石垣牛!
石垣牛バーガー専門店のオーソドックスなメニューをガブリっ。お味は言うまでもないですよね!個人的には、こどもビールならぬ「こども泡盛」の店頭ポップに惹かれ、つい購入した「西表島の塩サイダー」の塩加減が絶妙でした!多分、想像より塩味が強いかと思います。使用している塩の味に丸みがあるのか、すごくまろやか。お土産にもおすすめです!

 

 

ドライブの途中の小腹満たしに「オニササ」!
これも石垣島といったら食べておきたいローカルフードです。2回食べたのですがこちらは1回目。ふりかけおにぎり&ささみカツ!2回目はゆかりおにぎり&とうふハンバーグにしました。ジューシー(沖縄の炊き込みご飯)やコロッケ、エビカツなどメニューが多い上に、ガーリックソース、ケチャップ、タルタルなどソースも種類豊富。滞在期間とお腹の具合が限られているからこそ、迷いに迷いました!

 


くるくると走り回っていたので、少し休憩。
緑の多い八重山(石垣島)は、雨が降るとマイナスイオンたっぷりの癒しの島になります。
深い緑の香りと、モヤの中の白い砂浜。赤いハイビスカスにちょこんと乗った雨粒。時間が止まったようなスローな空気が心地よいです。

 

 

最後はやっぱり「そば」です!
ただ、こちらは今までとは違う「夜光貝(やこうがい)そば」。やさしく味付けされた夜光貝がたっぷり!かつお出汁のスープが、すぅっと胃袋に沁みます。貝が大好きなので、惜しみながら麺を中心に味わっていましたが、後から後からざっくざく貝が出てきます!

本当に大満足!
最後まで、最後の一滴まで美味しい旅でした。

WRITER

しまたび編集長
エイリ

ノープランぶらり旅が好き。島にある小さな一粒から面白いストーリーが広がるようなニッチな情報を発信します!