【伊是名島】島のシンボル「伊是名城跡」(いぜなじょうせき)

沖縄本島周辺離島/ 伊是名島(いぜなじま)

サンゴ礁に囲まれ、小高い山が連なる島、伊是名島。沖縄県北部の運天港からフェリーで約1時間、青い海と豊かな自然、そして昔から変わらない集落の風景が魅力的な離島です。


伊是名島のシンボルのひとつである三角の形の「伊是名城跡」。11世紀~14世紀に築城され、三方を海に囲まれ断崖絶壁となっていたことから難攻不落の城と言われていたそう。 東側には山頂への道があり、中腹あたりで景色を楽しむこともできますよ。

きれいな三角に見えることから「三角山」と呼ばれることもありますが、見る場所によってさまざまな形に見えます。伊是名島を訪れた際には、お気に入りの三角に見える場所を探してみるのも楽しい。

また、伊是名城跡の麓には「伊是名玉御殿(いぜなたまうどぅん)」と呼ばれる国指定重要文化財があります。伊是名玉御殿は、琉球王国第二尚氏(だいにしょうし)王朝の開祖・尚円王(しょうえんおう)の家族、親戚が安葬されている陵墓です。 実は伊是名島は尚円王の生誕地。尚円王にまつわる逸話や史跡も多く残っており、農民から琉球王国の王になった人物として、島の人に愛されている存在です。

海だけでなく、歴史も楽しめる伊是名島。特に琉球王朝に興味のある方に訪れて欲しい観光地です。 当時の人々や暮らしに想いを馳せながら、伊是名島でゆったりした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

基本情報

伊是名城跡

住所沖縄県島尻郡伊是名村伊是名
TEL0980-45-2435 (一般社団法人 いぜな島観光協会)

アクセス